上松大輝オフィシャルサイト

STORY

ストーリー

上松大輝 ストーリー

ストリートからBリーグへ。
ここにしかない、物語。

STORY OF
DAIKI UEMATSU
上松大輝 ストーリー

CHAPTER 01

バスケが無かったら
ヤバかった…

1990年、栃木県で大輝は生まれる。
父に教えられた神様マイケルジョーダンに憧れ、遊びと言えばバスケットボールというバスケ漬けの幼少期を過ごす。

ミニバスで本格的に競技人生をスタート。その後進学した地元の中学校は、当時、絵に描いたような不良が集まる学校。時代背景もあり、警察沙汰も少なく無かったと言う。

必然的に大輝の生活も荒れたが、大好きなバスケットボールだけは夢中だった。

「バスケが無かったらヤバかったかもな…」

当時を振り返る大輝の表情が、少し強張った。

上松大輝 ストーリー

CHAPTER 02

活躍、悩み、
そしてドロップアウト。

地元では知られる存在だった大輝は、高校でも活躍、各方面から注目を集めていた。大輝の今後のバスケットボールキャリアは明るいと思われていたが、大学に入ると風向きが変わる。

その才能が故、セルフィッシュなプレーと姿勢が抜けきれず、その影響が環境に及び始めた。指導者との考え方のズレ、仲間との衝突、自分自身へのジレンマ。悩む大輝は大学をドロップアウト、路頭に迷うことになる。

「当時の漠然とした"自信"は、今思うとただの"過信"でしたね…」

悩みながらも、「バスケットボール」への情熱だけを胸に、ひたすら上手いプレーヤーを探して、One on Oneに明け暮れる日々を過ごした。

上松大輝 ストーリー

CHAPTER 03

ストリートで開花、
世界の舞台へ。

そんな中、SOMECITY所属のチームF'Squadのスカウトが大輝のプレーに目をつける。導かれる様にストリートボールリーグの世界へと身を投じた大輝は、bjリーグを経て再びストリートで活動、才能を開花させる。

SOMECITY TOKYOではチームF'Squadで大会2連覇を達成、Team ballaholicの代表にも選出され、ジャカルタで開催されたストリートの大会で優勝の快挙を成し遂げる。また、Spaceball Magの代表としてロサンゼルス大会に出場するなど、海外でのプレー実績を積んだ。

「海外でのプレーは大きな影響を受けました。特に"闘争心"や"自分で考えてプレーする姿勢"は日本では体験できなかった部分。あ、バスケ以外でも、あり得ない経験が結構あったな…強盗にあったりとか笑」

上松大輝 ストーリー

CHAPTER 04

そしてBリーグへ。
物語は続く。

そして時代は「Bリーグ」へ。大輝も活躍のフィールドをBリーグへと移し、東京八王子トレインズ(現東京八王子ビートレインズ)東京サンレーヴス(現しながわシティバスケットボールクラブ)東京エクセレンス(現横浜エクセレンス)鹿児島レブナイズを経て現在はしながわシティバスケットボールクラブの一員としてさらなる高みを目指す。

不良、ドロップアウト、ストリートボール、海外でのプレー。自分だけのやり方でただひたすら熱くプレーする、そんなシンプルな強さで、タフな環境を生き抜いてきた。決してバスケットボールのトップエリートではない、しかし、このタフなキャリアこそが上松大輝の強さを形作っている。

You know my steelo

ここにしかない、物語は続く。

PLAY LIST

Selected by DU(DAIKI UEMATSU)